設立背景
background
学術認証連携基盤「学認(GakuNin)」は、
国立情報学研究所が全国の大学と連携して整備する認証連携基盤である。
学術から始まった「学認」は、今後新たなICTサービス・イノベーション創成への発展が期待されている。
様々なサービスが特定のサービス事業者に依存せず、オープンな場で連携・協調できる産官学の「イノベーション協働」の場として、「情報サービス連携コンソーシアム ICTSFC」を2010年7月に創設した。 活動は、学認の普及を促進するとともに、学術情報サービス連携システムの産官学協働による研究開発と実用化・ビジネス化活動を実施している。
具体的には、データ連携と認証連携技術基盤を用い、安全・安心な学生生活支援サービスや大学と地域コミュニティとの情報連携サービス、オープンデータとビッグデータの連携基盤、キャンパス・ライフログ活用サービスなどの情報サービスイノベーション基盤の創成を目指している。
ICFSTC 会長 曽根原 登
space
© 2011 ICT Service Federation Consortium
[情報サービス連携コンソーシアム]