インフォメーション
information
2014.6.18

「ICT医療・防災情報と認証(仮題)」シンポジウムin宇部

情報サービス連携コンソーシアム(ICTSFC)シンポジウム開催案内
「ICT医療・防災情報と認証」@ 宇部

 

国立情報学研究所 研究主幹・教授・ICTSFC副会長 曽根原 登
ICTSFCユーザー会主査 山下 克美・企画:山口大学 平野 靖

 

日時:6月18日(水) 13:20~18:00(18:00~20:00意見交換会)
場所:常盤工業会館(山口県宇部市) 会議室B
http://park14.wakwak.com/~tokiwa/kaikan/index.html

後援:山口大学、総務省 中国総合通信局

 

 

学術認証連携基盤「学認(GakuNin)」は、国立情報学研究所(NII)が全国の大学と連携して整備を進める認証連携基盤です。大学から始まった「学認」は、新たなICTサービス創成の基盤としての発展が期待されています。様々なICTサービスが特定のサービス提供事業者に依存せず、産学官がオープンな場で連携・協調できる共創の場(産学対話の促進、産学の共同研究開発や実証実験、協業・事業化など)として、「情報サービス連携コンソーシアム ICTSFC (http://ictsfc.org/) 」が創設されました。 ICTSFCコンソーシアムでは、IDやライフログのID情報連携や認証連携基盤の整備とともに、これを用いた、安心・安全な学生生活支援、保護者からの学生の見守りや安否確認、大学など教育機関と地域コミュニティとの情報連携・サービス連携、ライフログデータ駆動の意志決定支援など、産学官連携による情報サービス・イノベーションの共創を目指しています。このたび「ICT医療・防災情報と認証(仮題)」をテーマとしたシンポジウムを企画しました。ご多忙中とは存じますが、ご出席くださいます様お願い申し上げます。

参加申し込み連絡先:’ICTSFC事務局’  admin(アットマーク)ictsfc.org 

 会場アクセスと宿泊施設のご案内 PDF

  

 

≪プログラム(案)≫

13:00~13:10  受付

13:10~13:40 ICTSFC活動紹介「緊急時のID情報連携 IDデータコモンズの可能性について」PDF

国立情報学研究所 曽根原 登 教授(ICTSFC 副会長)

13:40~14:10 講演(医療)「医学知識の有効利用とへき地医療支援のためのメディカルクラウドシステム」PDF

山口大学 平野 靖 准教授

14:10~14:40 講演(防災)「今後の地域防災推進における個人情報の課題と認証基盤技術構築への期待」PDF

山口大学 瀧本 浩一 准教授

14:40~15:10  特別講演「「ICTイノベーションが拓く地域の未来!」PDF
          ~総務省ICT戦略と中国地方における医療・防災の先進的取組事例~
 

総務省 中国総合通信局 情報通信部長 山下 朝文 氏

15:10~15:20 休憩

15:20~15:50 講演「高知県の取組み事例から見た災害医療・救急医療・へき地医療における医療ICTの現状と課題について」PDF

高知医療センター 地域医療科科長 澤田 努 医師

15:50~17:50 ≪企業の提案≫
①「救急・災害医療情報システムと認証」PDF

伊藤忠テクノソリューションズ 奥村 誠二 

 

②「学認を用いたID連による安否確認・見守りシステム」 PDF

SCSK 吉田氏

 

③「大崎市 シボレスID連携システム」PDF

ソフトバンクテレコム株式会社 吉井 英樹氏

 

④「Shibboleth IdP 用のワンタイムパスワード認証プラグイン」PDF
サイオステクノロジー株式会社 シニアアーキテクト 中田 寿穂氏
 

17:50~18:00 終わりの挨拶(ユーザー会について)

 

**意見交換会(システム紹介・会社紹介・産学共同研究開発・実証実験募集など)**
日時:6月18日(水) 18:00~20:00
場所:常盤工業会館(山口県宇部市) 会議室B
http://park14.wakwak.com/~tokiwa/kaikan/index.html

>新着情報トップへ   
>この記事のカテゴリ:H26年度 活動報告新着情報
space
© 2011 ICT Service Federation Consortium
[情報サービス連携コンソーシアム]