インフォメーション
information
2014.7.14

「地域社会におけるID連携と情報サービス・イノベーション」in松江

ICTSFC 産官学連携 情報サービス連携オープン・シンポジウム@松江
テーマ「地域社会におけるID連携と情報サービス・イノベーション」

 

開催日:平成26年7月14日(月)・15日(火)
場 所:島根大学総合理工学部3号館2階多目的ホール
http://www.shimane-u.ac.jp/campus_maps/map_matsue.html
主 催:情報サービス連携コンソーシアム(ICTSFC)、 国立大学法人島根大学
後 援:島根県、松江市、一般社団法人島根県情報産業協会、一般財団法人Rubyアソシエーション

 

 

【企画趣旨】サイバー世界と実世界が連携・統合する融合社会が到来しようとしています。最先端の情報基盤が整備された後の多くの先進社会では、知的情報産業や知識サービス産業化が大きな課題となっています。私たち情報サービス連携コンソーシアム(http://ictsfc.org/)は、産学と地域社会が連携・協力し、IDやライフログの認証・連携技術を活用した、ID駆動の情報サービスの共同研究開発・研究実用化・事業化・ビジネス化などについて産官学対話を深めたいと考えます。このような産官学対話の促進を通し、IT企業振興による地域産業の活性化、情報サービス・イノベーション人材育成、若者の地元定着など、地域社会に貢献したいと考えます。このたび、「地域社会におけるID連携と情報サービス・イノベーション」シンポジウムを企画致しました。
 尚、ICTSFCコンソーシアムとしては、本コンソーシアム初の企画として、地域社会の産官学が自由に参加できるオープン・シンポジウムとしました。
 ご多忙中とは存じますが、ご都合が許せば、ご出席くださいます様お願い申し上げます。

 

ICTSFCシンポジウム・意見交換会 参加申込みはこちらまでadmin(アットマーク)ictsfc.org

(意見交換会締め切り:7月7日)
・シンポジウム: 参加・欠席
・意見交換会: 参加・欠席(有料)
企業・機関名:
氏名 :
連絡先:

 

 

◆プログラム◆

14日
13:00-13:15:挨拶・趣旨説明 曽根原 登(ICTSFC副会長・国立情報学研究所 教授)PDF
         挨拶 小林 祥泰(島根大学 学長) 

13:15-14:00:基調講演「インターネットの拡がりとRubyの役割」PDF
    まつもと ゆきひろ氏(Ruby開発者)

14:00-14:20:基調講演「日本の魅力を生かした新たな価値創造産業の創出に向けて(IT分野)」PDF
    宅見 幸一氏(中国経済産業局 電子・情報産業担当 参事官)

14:20-14:50:コーヒーブレイク 名刺交換会

14:50-15-15:一般講演①「サイン認証とその応用」
    六井淳先生(島根大学総合理工学部 情報処理センター副センター長)PDF
    今岡克己(株式会社ワコムアイティ 代表取締役)PDF

サイン認証紹介映像 https://www.youtube.com/watch?v=PyF5ka5oExQ

15:15-15:40:一般講演②「鳥取県地域医療連携ネットワーク「おしどりネット」におけるシングルサインオンと統合ID」PDF

    近藤博史教授(鳥取大学医学部医療情報部部長) 
    長谷川部長(株式会社セコム山陰)

15:40-16:05: 一般講演③「サインパッドによるCAFIS伝票保管サービス」(仮題)PDF
    上野英彦氏(株式会社NTTデータ 第一金融事業本部 部長)

16:05-16:20:コーヒーブレイク

16:20-16:45:一般講演④「地域医療連携まめネットと医療従事者認証」PDF
    吉岡宏氏(株式会社テクノプロジェクト 代表取締役) 

16:45-17:10:一般講演⑤「アマゾンウェブサービスにおけるイノベーションとID連携」PDF
    吉荒 祐一氏(アマゾン データ サービス ジャパン株式会社 公共担当ソリューションアーキテクト)

 
17:10-18:00:ICTSFC会員企業からの システム・サービス紹介

①Shibbolethを用いた山間へき地ICT診療所PDF
山口大学 平野靖先生

②学生ライフログDB/学生見守りシステム ~ビックデーター時代のIDフェデレーション~PDF
SCSK株式会社 吉田柳太郎様

③Shibbolethによる属性連携とロケーションデータの連携PDF
ソフトバンクテレコム株式会社 吉井英樹様

 

④学認と学術無線LAN認証(eduroam)による地域社会連携PDF
株式会社ソリトンシステムズ 宮崎 洋二様

⑤学認対応認証基盤ソリューションのご紹介PDF

日本電気株式会社 片岡俊幸様
 

18:00-20:00: ICT関連産業界との意見交換会

場所:島根大学第2食堂

(意見交換会18:00~20:00 参加費:企業2千~3千円、その他1千円)

 

 

7月15日(火)ICTSFCシンポジウムin松江併設企画

場 所:松江オープンソースラボ
10:00~12:00 パネルディスカッション

 

「Ruby と島根のIT 産業振興施策」

野田 哲夫(島根大学 Ruby・OSS プロジェクトセンター長)
槇原 由文(島根県商工労働部 情報産業振興室長)
藤原亮彦(松江市産業観光部 まつえ産業支援センター長)

 

 

 

 

 

 

>新着情報トップへ   
>この記事のカテゴリ:H26年度 活動報告新着情報
space
© 2011 ICT Service Federation Consortium
[情報サービス連携コンソーシアム]