インフォメーション
information
2015.10.28

ICTSFCワークショップ in 大阪

ICTSFCワークショップ in 大阪
「データ駆動 X 認証連携」が誘発するICT社会イノベーション

 

主催:情報サービス連携コンソーシアム(ICTSFC)
後援:近畿総合通信局
企画協力(予定):国立情報学研究所・近畿総合通信局・大阪市・近鉄情報システム・SCSK・三谷商事・朝日新聞社・ソリトンシステムズなど

 

【日時】2015年10月28日(水)13:15~18:00
(13:00受付開始、18:00から産官学意見交換会)

 

【趣旨】自治体、大学および地元企業が協働し、地域社会の安全・安心、観光・宿泊・食事・買い物など経済活性化、新たな地域価値創成につながる、「データ駆動x認証連携」ICT社会イノベーション対話を実施する。

 

【会場】あべのハルカス 25階貸会議室
    大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目1-43

【アクセス・地図】 http://harukas-kaigi.jp/access.html

 

【プログラム】(2015年9月24日 第5版)

13:15-13:25 オープニング: 「ビッグデータ×オープンデータ×ID認証連携」 10分
国立情報学研究所 研究主幹・教授 曽根原 登(ICTSFC会長) 

 

13:25-14:45 「地域価値創成に向けたビッグデータ・オープンデータ利活用」セッション

[1]基調講演:「オープンデータ・ビッグデータの利活用による新たな価値創造推進(仮題)」(20分)PDF
総務省近畿総合通信局 情報通信部長 永利 正統

 

[2]講演:「大阪市 ICT 戦略について ~市民協働を活性化させるオープンデータへの挑戦」(20 分) PDF
大阪市は平成 27 年4月に「大阪市 ICT 戦略 骨子」を策定しました。ICT の徹底活用を前提に、情報のオープン化から地域が活力を生み出す「循環」をつくることを基本的な考え方として取組みをすすめています。
大阪市 総務局ICT戦略担当  中道 忠和

 

[3]講演:「Linked Open Data (LOD)による地域情報の公開と活用」(20分)PDF
オープンデータを公開する仕組みとして注目されているLinked Open Data (LOD)について、その技術的背景を概説すると共に、地域情報を中心としたLODの公開・活用事例を紹介する。
大阪大学 産業科学研究所 准教授 古崎 晃司

 

[4]講演:「津田塾大学における情報基盤~現在と未来~」(10分)PDF

津田塾大学 教授 小舘亮之

 

14:45-14:55 休 憩

 

14:55-16:25 「大学と自治体、企業連携によるクラウド・認証・ID連携」セッション

 

[1]「大学が発行する証明書をコンビニで取得できるソリューションのご紹介」(20 分) PDF
従来、在学生や卒業生が大学の発行する卒業証明書等を取得するには、大学構内での発行または郵送等による手続きが必要でしたが、本ソリューションによりインターネット環境とパソコンやスマホ等の端末さえあれば、身近なコンビニで証明書を取得することが可能となります。サービスの概要及び今後の展開についてご紹介致します。
西日本電信電話株式会社 ビジネス営業本部 アドバンストソリューション営業部 金山 直博

 

 

[2]「インターネット上の種々の知識を用いた漫才台本自動生成による漫才ロボット」(20分)
お題(キーワード)を入力するとそのお題に関するWebニュースとそれに関する種々の知識をインターネットから取得し,2,3分でボケとツッコミからなる漫才台本を自動生成して演じる漫才ロボットです。介護の世界で心の癒しを与えるコミュニケーションロボットを目指しております。本講演では、漫才台本自動生成の手法の概要について講演いたします。
甲南大学 知能情報学科 教授 灘本 明代

 

[3] 「ソーシャル・ビッグデータ駆動観光宿泊システム(仮題)」(20分)PDF
公共性の高い「ソーシャル・ビッグデータ」を自治体などの防災・減災対策に生かすための研究について紹介する。過去6年間、京都市、仙台市、山梨県内などのホテルの予約状況や宿泊料金、交通機関の空席情報、不動産の予約・販売データなど、Web上の公開データを収集している。これらのデータを用いて、平常時には観光ナビとして、また緊急時には避難ナビとして利用できるシステムの開発を目指している。
国立情報学研究所  一藤 裕

 

[4] 「九大IMI×富士通の数理技術に基づくソーシャルイシューへの取り組み」(20分)
ソーシャルイッシューを解決するための数理技術の開発とその社会実践を推進することを目的とし、2014年9月に九州大学マス・フォア・インダストリ研究所内に設置した「富士通ソーシャル数理共同部門」の取組みを紹介する。
富士通研究所 知識情報処理研究所 穴井 宏和

 

[5] 「HPCI~産学共同利用のためのID連携基盤の事例紹介」(20分)PDF
「京」を中核とし、産学の多様なユーザニーズに応える革新的な計算環境を実現する「革新的ハイパーフォーマンス・コンピューティング・インフラ」(HPCI)におけるID連携の仕組みを紹介する。
高度情報科学技術研究機構  峯尾 真一

 

16:25~16:45
 「企業からの情報システム・サービス、共同研究紹介」セッション

[1]「企業プレゼン-1」三谷商事 (5分)

[2]「企業プレゼン-2」SCSK(5分)

[3]「企業プレゼン-4」日本マイクロソフト(5分)

 

16:45-17:00 休 憩

 

17:00-
新企画 パネルディスカッション 
「情報社会から融合社会へ 大規模商業施設における効率的な避難計画立案」 (30分)
「大学、自治体、企業等との協働によって、公的統計データ、自治体・Web/SNSオープンデータ、センサーネットから得られるソーシャル・ビックデータを活用し、地域の特色を生かした公共性の高いデータ駆動のICTサービスの研究実用化が不可欠です。さらに、それら研究実用化を通して、データ駆動システム開発人材育成も行っていく必要があります。今回は、大規模商業施設における効率的な避難計画立案のための意思決定基盤の構築を例に産官学で議論させていただきます。具体的には、ソーシャル・ビッグデータを活用した施設内部のオンライン人口統計手法、個人の回遊動線に親和性の高い避難経路の立案を施設内部のWi-Fiネットワーク構造を活用して実現する基盤について議論します。」

話題提供:国立情報学研究所 曽根原研究室 小出 哲彰
パネリスト:近鉄情報システム(藤井)・テコラス(白倉)・大阪市(中道)・日本マイクロソフト(中田)・朝日新聞(雨森)など

 

18:00-20:00 【産官学連携地域ICT意見交換会】
【会場】あべのハルカス25階 カフェテリア「NeegoCafe」 

【問合せ・参加など】事務局までご連絡ください。
**********************************************************************
シンポジウム: 参加・欠席
意見交換会: 参加・欠席
企業からの企画紹介・商品案内・展示・デモ・パンフレット配布など:する・しない
企業名・機関名:
氏名 :
連絡先・問合せ先 sawai(アットマーク)ictsfc.org までお願いします。
**********************************************************************

 

>新着情報トップへ   
>この記事のカテゴリ:H27年度 活動報告新着情報
space
© 2011 ICT Service Federation Consortium
[情報サービス連携コンソーシアム]