インフォメーション
information
2016.3.29

中野区における地域経済・観光の活性化、防災計画でのデータ活用を目的として IoTによる動線解析の実証実験がスタート

情報サービス連携コンソーシアム(所在地:東京都中野区、会長:国立情報学研究所教授 曽根原 登、以下ICTSFC)と一般社団法人中野区産業振興推進機構(所在地:東京都中野区、理事長:東京大学名誉教授 板生 清、以下ICTCO)は、中野区における”地域経済・観光の活性化、防災計画でのデータ活用”を目的として2016年1月より導入準備を行ってまいりましたが、本日、正式に導線解析の実証実験を開始する事となりましたのでお知らせします。

なお、本実験はICTSFC会員企業であるNHN テコラス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:稲積 憲、以下 NHNテコラス)とエリアポータル株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:晝間 信治、以下 エリアポータル)の2社がIoT領域においてプロジェクト全体の企画・進行を担当します。また国立情報学研究所も、地域経済・観光の活性化を目的とし、本実証実験の技術的支援を行います。

 

420-%e5%9b%b3%e4%b8%ad%e9%87%8e%e5%ae%9f%e8%a8%bc%e5%ae%9f%e9%a8%93

 

【実施の背景】
現在、各自治体では、地域活性化や防災など都市づくりや、増加する外国人観光客に対するサービス向上などの目的においてオープンデータや様々なデータを活用し、地域課題の可視化や社会基盤の整備に役立てようとする試みが進められています。今回の実験は中野区をフィールドとして交通流動など地域のモビリティ・マネジメントに必要なデータを、IoTソリューションを用いて効率的に取得、得られた結果を同区における防災計画、都市づくり等に役立てようとする取り組みとなります。

 

【実験内容】
本実験では、ICTSFC会員企業であるNHN テコラス株式会社とエリアポータル株式会社の2社が中心となりプロジェクト全体の企画・進行を担当します。両社の具体的な役割は以下のとおりです。

 

●NHN テコラス
本実験においてBeaconや各種センサから収集したデータの蓄積・解析基盤の提供とレポートの可視化を担当します。なお、IoT領域で課題となる通信量や通信範囲をカバーする目的から、通信基盤にソラコム社の通信SIM SORACOM Air を採用し、安価かつ取得データに配慮したセキュリティ性の高い通信を実現します。
(IoTソリューションページ:https://datahotel.jp/iot/

 

●エリアポータル
本実験において有事の際に備える防災計画へのデータ活用を促進するための企画およびプロジェクト推進を担当します。対象エリア内の気象データや監視カメラ等のセンサデータを用いて、気象予測や混雑状況の可視化を行い、自治体における防災計画に役立つデータ提供を目指します。

 

【今後の展開】
本実験の評価が完了した後の展開として、中野区内の混雑情報や災害情報など区民の生活に必要な情報をデジタルサイネージ上で配信したり、特定エリアにおける交通情報、災害情報等を配信したりするなどの活用が想定されています。

 

【掲載記事URL】

マイナビニュース
http://s.news.mynavi.jp/news/2016/03/29/417/

日経BP(IT Pro)

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/032900908/?s2p&rt=nocnt

 

>新着情報トップへ   
>この記事のカテゴリ:H27年度 活動報告新着情報
space
© 2011 ICT Service Federation Consortium
[情報サービス連携コンソーシアム]