インフォメーション
information
2012.9.25

第12回 東海ICTSFC合同ワーキングと認証連携ユーザー会の合同会合

「災害に強い学術情報基盤と認証連携ワークショップ」

 

日時:2012925日 13:00-20:00

場所:富士通システムズ・ウエスト中部支社 http://jp.fujitsu.com/group/fwest/facilities/chubu.html

主催:ICTSFCコンソーシアム 認証連携ユーザー会WG

 

■プログラム■

13:45~14:00        情報サービス連携コンソーシアム 副会長 曽根原登(国立情報学研究所 教授)

「災害に強い学術情報基盤構築に向けた認証連携の役割」

 

14:00~14:20        東北大学 サイバーサイエンスセンター 教授 曽根 秀昭

「東日本大震災による大学の被災と情報通信基盤」

 

14:2014:40       名古屋工業大学 情報基盤センター 准教授 齋藤 彰一

「名古屋工業大学におけるID統合と認証基盤」(仮題)

 

14:4015:00       名古屋大学 教養教育院 教養教育推進室 教授 山里 敬也

「情報セキュリティと認証」(仮題)

 

15:00~15:20        静岡大学 情報基盤センター 客員教授 山崎 國弘

「東南海沖地震対策のひかりBCP

 

15:20~15:40        三重大学 総合情報処理センター 准教授 杉浦 徳宏

「三重大学の学認対応」

 

15:40~16:00        高知大学 医学部附属医学情報センター 准教授 畠山 豊

「大学病院情報基盤のBCPについて」

 

16:00~16:05        休憩 

 

16:05~16:35        パネルディスカッション 司会 曽根原 登

◇国立大学の教育改革実行プランの紹介とテーマ提案

◇地域の知の形成拠点の形成にむけて

~国公立私立や大学の枠を超えた研究教育連携の可能性~ 

パネラー 愛知大学、愛知学院大学、金城学院大学

 

16:35~17:00       

Shibboleth認証連携に関する技術情報、認証製品情報などの情報交換など

株式会社コネクティボ、富士通株式会社、ネットワンシステムズ株式会社、株式会社ネットスプリング、など

◇事務局連絡他(大学生協とのID連携について)

 

災害に強い学術情報基盤と認証連携ワークショップ案内 (第2版).pdf 

>新着情報トップへ   
>この記事のカテゴリ:H24年度 活動報告
space
© 2011 ICT Service Federation Consortium
[情報サービス連携コンソーシアム]